ドラゴン信仰

2012年1月30日 (月) 15:13時点におけるReplaceBot (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)

ドラゴン信仰(ドラゴンしんこう)とは、ドラゴン種族を神として崇拝する信仰の総称である。

概要編集

ドラゴン種族(主に天人)こそがキエサルヒマ大陸の正当なる支配者であるとする信仰。現在、ドラゴン種族そのものは聖域に隠遁し、人目に触れることは無くなったものの、天人によって築かれた大陸最古の都市アレンハタムなどでは今も根強く残っている信仰である。

歴史編集

約300年前、外洋からキエサルヒマ大陸に漂着した人間種族は、当時大陸を襲っていた女神とドラゴン種族の破滅的な戦争に巻き込まれ、何の力も持たない彼らは成すすべもなく蹂躙された。戦後、原始レベルにまで文明を退行させてしまっていた人間を天人は手厚く保護し、急速な文明回復へと導いた。以後、両者の間には友愛関係が築かれ、人間種族は天人種族に対して深い感謝と憧憬の念を抱き、その感情はやがて信仰へと変わっていった。

約200年前、天人と人間の間に生まれた新たな種族、魔術士の存在を危険視した聖域が、彼らを排斥する「オーリオウル派」と擁護する「イスターシバ派」の2派に分裂した際、ドラゴン信仰者たちはオーリオウル派に与し、魔術士と対立した。まもなく勃発した魔術士狩りの戦争では、天人種族から与えられた数多の魔術武器(後の天人種族の遺産)を手に魔術士と戦った。また、「殺人人形」という生体兵器として人体改造を受けた者もいた。

1世紀近くに渡った戦乱は双方に深刻な傷跡を残し、最終的に天人は大陸からその姿を消した。その後、貴族連盟の主導によってキエサルヒマ大陸は人間種族の社会へと変遷し、ドラゴン信仰者たちはより深く魔術士の存在を憎む結果となった。この時代に刻まれたドラゴン信仰者と魔術士の間の遺恨は根深く、今なおアレンハタムなどでは魔術士は迫害の対象となっている。

組織編集

最終更新: 2012年1月30日 (月) 15:13