個人用ツール

メベレンスト市

提供: オーフェンペディア

移動: 案内, 検索
メベレンスト市

メベレンスト市(メベレンストし)は、キエサルヒマ大陸南東部に位置する都市で、キエサルヒマ大陸の王都四大都市のひとつ。

概要[編集]

キエサルヒマ大陸南東部の沿岸に扇状に広がる、大陸最大の規模を誇る大都市。現在キエサルヒマ大陸全土を統治している貴族連盟の本拠地である。

歴史[編集]

約200年前、魔術士狩りの時代の収束後、時の王都アレンハタムで特に天人の寵愛を受けていた一部の人間種族たち(貴族)は、衰弱し聖域に退いた天人の跡を継ぐ「後継者」を名乗り、人間種族によるキエサルヒマ大陸の統治を宣言した。彼らはを盟主とする貴族連盟を設立し、戦災によって崩壊したアレンハタムを捨て、大陸東部に新たな街メベレンストを築き、遷都を行った。

遷都からまもなく、貴族連盟は必要性の薄れた王家を頂点とした政治体制を廃し(貴族内革命)、王権を奪取した。その後、連盟に加盟する貴族の持ち回りによって王室の代表(盟主)を担うことになった。

キエサルヒマ内戦後、貴族連盟による王立治安構想の撤廃と王権の放棄に伴い、「大都」に改称された。

政治[編集]

かつてはアレンハタムの王室時代から慣例的に受け継がれた王政が布かれていたが、現在は政治の中枢となる王室だけが残り、貴族連盟による連帯合議制が執られている。貴族連盟は人間種族による完全な大陸の統治を目指しており、その妨げとなる可能性を持つ魔術士勢力、特に《牙の塔》の存在を危険視している。《十三使徒》や《霧の滝》を手中に収めたのは、《牙の塔》の勢力を分散させ、かつ対抗するための力を持つためであった。

王立治安構想は廃止を宣言したものの実際は「棚上げ」にしたに過ぎず、裏では復権を目指して放棄された聖域の発掘を推し進め、リベレーター結成の契機となった。開拓公社を通じて原大陸乗っ取りの足がかりを整え、現地での政変に乗じて計画を実行するも想定外の抵抗に遭い失敗に終わった。

その他[編集]

エッセンシュルバイツ城アンドン公園は、観光地として一見の価値ありと評判が高い。

主な施設[編集]

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3