個人用ツール

貴族

提供: オーフェンペディア

移動: 案内, 検索

貴族(きぞく)とは、血統によって社会的特権を認められたキエサルヒマ大陸における最上流階級市民、及びその一族の総称である。

概要[編集]

かつて旧王都アレンハタムの城下に居住していた王家にゆかりのある市民。その中でも一部の有力貴族たちは、メベレンスト遷都を行った後に貴族連盟を組織し、王家を滅亡へと追いやった貴族内革命を経て、キエサルヒマ大陸の支配階層となった。現在、大多数の貴族はメベレンストに居住している。

支配体制[編集]

王権の継承者としての権利と義務として王立治安構想を宣言し、大陸に住む全市民の生活の安全を保証した。その体制は表向きリベラルなものだったが、実際は大陸の全人民に対して貴族連盟への恭順を強いる高圧的なものであった。反体制を訴えるものは容赦なく王権反逆罪で弾圧し、天人種族の正統なる相続人を自称して遺産を独占し、盗掘や無断使用するものも同様の刑罰を科していた。

キエサルヒマ内戦で敗北し、王立治安構想は撤廃を余儀なくされたが、あくまでも「棚上げ」と主張して憚らず、革命支援組織リベレーターを結成して復権の機会を伺っていた。

詳細は「王立治安構想」を参照

実情[編集]

貴族連盟が宣言した王立治安構想において、大陸に住む全市民の生活の安全が保証されて以降、貴族は統治する対象である民間人に危惧を抱かせるだけでも重大な過失とみなされる。当然ながら特権意識が強く、他の都市が王権から独立して自治を宣言する事を断じて認めていない。民衆に対しては奴隷、とまではいかなくても、臣民は貴族に従うのが当然という空気があった。

大陸魔術士同盟は自分達の支配から脱却しうるだけの力を持っているために古くから敵視してきたが、宮廷魔術士《十三使徒》を設立するなど魔術士との協調路線をとった事もある。

全体的に非魔術士が多いが、天人の血を引く魔術士の貴族も少なからず存在すると思われる。しかし、プルートーの例もあるように貴族連盟よりも魔術士同盟に帰属意識が向いているものが多く、貴族の一員であるという意識は薄いと思われる。

貴族といえども貧富の格差は存在し、末端の家柄になると一人娘であっても社会に出て働く必要を迫られる。

備考[編集]

  • 貴族の血を引く者の中には、金髪・碧眼が多いとされる。
  • 騎士の家系は武門と呼ばれる。

関連人物[編集]

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3