個人用ツール

シーク・マリスク

提供: オーフェンペディア

移動: 案内, 検索
プロフィール
種族 人間種族 (男)
人種 黒魔術士
出身地 キエサルヒマ大陸
年齢 不明 - はぐれ旅

シーク・マリスクは、キエサルヒマ大陸黒魔術士暗殺技能者。宮廷魔術士《十三使徒》の一人。スクールの教官。

概要[編集]

剃髪の男性魔術士スクール出身。暗殺技能者(スタッバー)としての訓練を受けており、プルートーからは「《十三使徒》最高の戦士」と評されていることから、おそらく高位のナンバーズに名を連ねていると考えられる。武器として片刃の軍刀を携えている。

自身の生徒であるカコルキスト・イストハンと共に、最接近領の内偵調査という名目で派遣されるが、プルートーから与えられた真の任務は領主アルマゲストの暗殺であった。

最接近領に侵入後、同行していたイールギットレティシャの妨害に遭いつつも、目標の領主の館にたどり着く。しかし、同時刻に聖域から領主暗殺の任を与えられ領内に入っていたドッペル・イクスジャック・フリズビーと遭遇。出会い頭にジャックの「崩しの拳」の一撃を受け、体を縦に両断されるという壮絶な死を遂げた。

5年前、もしオーフェンが《牙の塔》最高執行部の妨害を受けずに、《十三使徒》の審問を受けることができていれば、入宮後は彼の部下になるはずだったらしい。

技能[編集]

黒魔術[編集]

登場作品[編集]

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3