個人用ツール

魔術士オーフェンはぐれ旅

提供: オーフェンペディア

移動: 案内, 検索
魔術士オーフェンはぐれ旅
著者 秋田禎信
イラスト 草河遊也
文庫版
レーベル 富士見ファンタジア文庫
期間 1994年5月 - 2003年9月
巻数 全20巻
発行 富士見書房
新装版
レーベル TOブックス単行本
期間 2011年9月 - 2012年6月
巻数 全10巻
発行 TOブックス
電子書籍版
期間 2011年12月 - 2012年9月
巻数 全10巻
発行 TOブックス

魔術士オーフェンはぐれ旅』(まじゅつしオーフェンはぐれたび)は、秋田禎信のライトノベル『魔術士オーフェン』の長編シリーズ。イラストは草河遊也

1994年5月から2003年9月にかけて富士見ファンタジア文庫富士見書房)より全20巻が刊行され、2011年12月から2012年6月にかけてTOブックスより新装版が全10巻で刊行された。

現在、『はぐれ旅』の続編にあたる同名の新シリーズTOブックスより刊行中。

概要[編集]

魔術士オーフェン』シリーズの本編にあたる文庫書き下ろしの長編。1994年5月に発売された第1巻『我が呼び声に応えよ獣』に始まり、2003年9月に発売された第20巻『我が聖域に開け扉(下)』をもって完結した。『月刊ドラゴンマガジン』連載の短編シリーズ『魔術士オーフェン・無謀編』と並行して展開され、両編合わせて1000万部以上を売り上げる大ヒットを記録した。

物語の舞台は産業革命後のヨーロッパの風情[1]を漂わせる異世界「キエサルヒマ大陸」。ストーリーは主人公オーフェンとその仲間たちの旅の道程とともに展開し、第1巻から第10巻までを第一部西部編」、第11巻から第20巻までを第二部東部編」と呼称する。第一部は全体的に明るくギャグテイストを織り交ぜつつ進行するのに比べ、第二部はシリアスかつハードな展開に比重が置かれている。また、第一部の番外編的エピソードとして、角川mini文庫角川書店)の『魔術士オーフェンまわり道』シリーズがある。

シリーズ完結後に作者自らが語った裏話[2]によると、『はぐれ旅』の設定はシリーズ完結時点で既に第四部あたりまで構想されていたことが明らかにされ、後に後述の「新シリーズ」として作品化された。また、長らく絶版状態となっていた『はぐれ旅』旧シリーズも『新装版』として再刊行された。

後日談・新シリーズ[編集]

詳細は「魔術士オーフェンはぐれ旅 (新シリーズ)」を参照

シリーズ完結から5年を経た2008年9月、作者の公式ウェブサイト『モツ鍋の悲願』において、『はぐれ旅』の後日談にあたる書き下ろし長編『あいつがそいつでこいつがそれで』が、2009年4月まで不定期に連載された。連載中に寄せられた大きな反響を受け、当初は予定されていなかった書籍化が急遽決定し、2009年12月、新たに書き下ろされた新作の後日談や、未収録作品などがセット収録された『秋田禎信BOX』が、TOブックスより完全予約限定生産で発売された。

2011年3月、後日談のさらに後のエピソードとなる第四部が、TOブックスより「新シリーズ」として再始動することが発表された。

新装版[編集]

魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版』(まじゅつしオーフェンはぐれたび しんそうばん)は、2011年9月から2012年6月にかけて、TOブックスより刊行された『はぐれ旅』旧シリーズの新装版。文庫版2冊分を1冊にまとめた全10巻で構成され、判型や装丁は新シリーズの単行本に準拠されている。新たな書き下ろし等の追加は無いが、旧版に収録されたイラストは復元処理を施された原画から完全収録されている。

新装版シリーズの全巻購入特典として、『魔術士オーフェン・無謀編』文庫版に収録された『プレオーフェン』シリーズ(全13話)を1冊にまとめた単行本『魔術士オーフェン・プレ編』の応募者全員サービスキャンペーンが実施された。

電子書籍版[編集]

詳細は「魔術士オーフェンはぐれ旅 (電子書籍版)」を参照

上記新装版の電子書籍版。2011年12月から2012年9月にかけて刊行され、PC、iOS、Android、SonyReader等の電子ブックリーダーに対応する。なお、電子書籍版では上記『プレ編』のキャンペーンは適用されないことに注意。

ストーリー[編集]

第一部[編集]

主人公の青年オーフェンは、キエサルヒマ大陸西部の街トトカンタの裏町を根城にする冴えないモグリの金貸しだが、その実体は大陸黒魔術の最高峰《牙の塔》を出自とする凄腕の黒魔術士である。ある日、そんなオーフェンが抱える顧客の一人、地人ボルカノ・ボルカンが、借金返済のための儲け話を持ってオーフェンの元に現れる。渋々その話に乗ることにしたオーフェンは、トトカンタ有数の名家として知られる「エバーラスティン家」を訪問するが、そこにはかつて彼の人生を大きく変える原因となった尋ね人、義姉アザリーとの運命的な再会が待ち受けていた。

アザリーに別れを告げたオーフェンは、魔術の弟子入りを志願してきた宿屋の息子マジクと、エバラーラスティン家のじゃじゃ馬娘クリーオウを引き連れ、借金を踏み倒して逃亡した地人兄弟を追ってトトカンタを旅立つ。こうして幕を開けたオーフェンの「はぐれ旅」だが、一行は行く先々で厄介な事件に巻き込まれる。そして故郷タフレムで再びアザリーと相まみえたオーフェンは、彼女の導きに誘われるまま大陸北端の街、キムラック教会総本山を目指す。そこで一行は、太古の時代よりキエサルヒマを脅かし続ける「破滅」そのものと直面する。

第二部[編集]

キムラック運命の女神を道連れにアイルマンカー結界の外へと消え去ったアザリーの行方を探るオーフェンは、ドラゴン種族聖域と抗争を繰り広げる「最接近領」なる謎の勢力と接触する。聖域から外界へ送り出される「ドッペル・イクス」と呼ばれる刺客たちとの熾烈な戦いを経て、オーフェンは聖域に関わる者たちを苛む絶望の真相へと迫っていく。

破局へのカウントダウンが刻一刻と進む中、ついに聖域の中枢に集うオーフェンとその家族たち。アザリーに最後の選択を委ねられたオーフェンは、逃れ得ない絶望に対する究極の決断を下す。

登場人物[編集]

詳細は「魔術士オーフェンはぐれ旅の登場人物」を参照

既刊一覧[編集]

富士見ファンタジア文庫[編集]

タイトル 発売日 頁数 価格 ISBN
1 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が呼び声に応えよ獣 1994年5月12日 262p

560円+税

4-8291-2564-0
2 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が命にしたがえ機械 1994年9月9日 251p

480円+税

4-8291-2585-3
3 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が胸で眠れ亡霊 1995年1月11日 265p

480円+税

4-8291-2608-6
4 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が森に集え狼 1995年5月19日 271p

480円+税

4-8291-2627-2
5 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が過去を消せ暗殺者 1995年10月20日 293p

520円+税

4-8291-2650-7
6 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が塔に来たれ後継者 1996年4月19日 291p

520円+税

4-8291-2680-9
7 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が遺志を伝えよ魔王 1996年8月20日 250p

480円+税

4-8291-2697-3
8 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が聖都を濡らせ血涙 1997年1月20日 246p

480円+税

4-8291-2729-5
9 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が神に弓ひけ背約者(上) 1997年6月20日 254p

480円+税

4-8291-2750-3
10 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が神に弓ひけ背約者(下) 1997年10月17日 345p

560円+税

4-8291-2811-9
11 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が夢に沈め楽園(上) 1998年4月24日 212p

460円+税

4-8291-2850-X
12 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が夢に沈め楽園(下) 1998年10月21日 318p

520円+税

4-8291-2883-6
13 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が運命導け魔剣 1999年4月16日 221p

460円+税

4-8291-2883-6
14 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が心求めよ悪魔 1999年10月19日 221p

460円+税

4-8291-2925-5
15 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が絶望つつめ緑 2000年4月26日 277p

480円+税

4-8291-2964-6
16 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が戦場に踊れ来訪者 2001年1月18日 222p

460円+税

4-8291-1319-7
17 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が庭に響け銃声 2001年8月20日 251p

480円+税

4-8291-1368-5
18 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が館にさまよえ虚像 2002年3月20日 278p

480円+税

4-8291-1416-9
19 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が聖域に開け扉(上) 2003年3月20日 257p

520円+税

4-8291-1502-5
20 魔術士オーフェンはぐれ旅 我が聖域に開け扉(下) 2003年9月20日 326p

580円+税

4-8291-1557-2

TOブックス単行本[編集]

タイトル 発売日 頁数 価格 ISBN
1 魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版1 2011年9月24日 509p

1500円+税

978-4-904376-73-7
2 魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版2 2011年10月25日 535p

1500円+税

978-4-904376-76-8
3 魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版3 2011年11月25日 585p

1500円+税

978-4-904376-77-5
4 魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版4 2011年12月25日 495p

1500円+税

978-4-904376-78-2
5 魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版5 2012年1月25日 599p

1500円+税

978-4-904376-79-9
6 魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版6 2012年2月25日 529p

1500円+税

978-4-904376-80-5
7 魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版7 2012年3月25日 437p

1500円+税

978-4-904376-81-2
8 魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版8 2012年4月25日 495p

1500円+税

978-4-904376-82-9
9 魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版9 2012年5月25日 527p

1500円+税

978-4-904376-83-6
10 魔術士オーフェンはぐれ旅 新装版10 2012年6月25日 583p

1500円+税

978-4-904376-84-3

備考[編集]

  • 第1巻『我が呼び声に応えよ獣』は当初は1話完結の物語として執筆されたが、その後間もなくシリーズ化を打診され、それを受けてシリーズの設定や世界観も改めて練り直されたため、1巻とそれ以降で造形が異なる部分もある。

脚注[編集]

  1. ^ 当初は「19世紀のイギリスくらいのイメージ」で描かれている。
  2. ^ 『モツ鍋の悲願』雑記 2008.09.28.より

関連項目[編集]

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3