個人用ツール

マリアベル・エバーラスティン

提供: オーフェンペディア

移動: 案内, 検索
プロフィール
種族 人間種族 (女)
出身地 トトカンタ市
誕生年 赤光帝24-25年頃
年齢 22-23歳頃 - はぐれ旅
声優 雪野五月

マリアベル・エバーラスティンは、エバーラスティン家トトカンタ分家の長女。

概要[編集]

歳の頃は22、3くらいのブロンドの清楚な美女。クリーオウの姉。ボルカンが金儲けのために案じた結婚詐欺計画で、オーフェンの相手役(ターゲット)に選ばれた。

成り行き上、オーフェンに屋敷を襲ったアザリー(と精神が入れ替わったチャイルドマン)から守られる形になったことで、オーフェンに特別な感情を抱く。事件後、自分が騙されていたと理解したにも関わらず、本人はまんざらでもない様子だった。

経歴[編集]

チャイルドマンが現代に蘇ったばかりの頃、母から世話役を任され、彼の大陸安行においてもガイドとして同行、その合間を縫って指南を受ける事となった。実はその頃、一族の裏稼業のため王都のお嬢様学校(それは表向きで、実際はスパイ養成所)への入学を控えていたが、内心は乗り気でなかった。

人物[編集]

本編ではほとんどセリフのないもの静かなお嬢様といったキャラだったが、それは猫かぶりだった模様。あとがきで見せた明るい性格が彼女の本来の性格のようである。

家族[編集]

備考[編集]

秋田禎信BOX』のあとがきでは、貴族連盟の元スパイだったという母ティシティニーから、その仕事を継ぐ予定であるという衝撃の裏設定が明らかにされた。

声優[編集]

登場作品[編集]

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3