個人用ツール

魔術士オーフェン・無謀編 いいから死人は黙ってろ!

提供: オーフェンペディア

移動: 案内, 検索
魔術士オーフェン・無謀編
いいから死人は黙ってろ!
著者 秋田禎信
イラスト 草河遊也
初出 ドラゴンマガジン1995年6月号
収録巻 無謀編1 / しゃべる無謀編1

いいから死人は黙ってろ!』(いいからしにんはだまってろ)は、『魔術士オーフェン・無謀編』シリーズ第5話。『月刊ドラゴンマガジン』連載第3回。

収録誌[編集]

ラジオドラマ版[編集]

あらすじ[編集]

ある日、コギーオーフェンは、街を盛大に破壊しながら大喧嘩を繰り広げる中年女性と少年のカップルを捕まえる。しかし事情を聞くと、当の本人たちはお互いに面識が無く、さらにその時の記憶が一切無いという。そして明くる日、宿の部屋でオーフェンが目を覚ますと、自分が幽霊のようなものに取り憑かれている事に気づく。昨日の騒動の犯人は、他人の体を使って痴話喧嘩をする、精神体となった白魔術士の夫婦だったのだ。

主な登場人物[編集]

キーワード[編集]

備考[編集]

  • 本編より先に白魔術士が登場
  • ボルカンの精神力(我の強さ)は、対白魔術訓練を受けたオーフェン並

前後話[編集]

魔術士オーフェン・無謀編
←前話 タイトル 次話→
なんでお前はそーなんだ!? いいから死人は黙ってろ! 俺の仕事を言ってみろ!

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3