個人用ツール

ビーリー・ライト

提供: オーフェンペディア

移動: 案内, 検索
プロフィール
種族 人間種族 (男)
人種 黒魔術士
声優 藤原貴弘

ビーリー・ライトは、原大陸黒魔術士魔術戦士戦術騎士団の団員。フィンランディ商会の社員。

概要[編集]

長身でがっしりした体格の中年男。戦術騎士団の教官も務め、マシューシスタといった若く強靭な魔術戦士を育て上げてきた。スウェーデンボリー魔術学校に通うスティング・ライトは一人息子。

シマス・ヴァンパイアによる騎士団壊滅事件後に一時は生死不明となったが、後に無事だったことが判明。魔術学校に帰還後は防衛戦に参加し、ガンズ・オブ・リベラル陥落後はシスタ、マシューとともにローグタウン周辺の偵察任務に就く。任務の最中に戦闘に巻き込まれたベイジットビィブを保護するが、面倒事が起きるのを警戒して難色を示す。しかし、最終的にシスタの判断を受け入れ、息子スティングに面倒を押し付けた。

オーフェンに代わって戦術騎士団を率いる事になった元同僚のクレイリー・ベルムとは肌が合わず、元上司を頼ってフィンランディ商会に入社した。現在は暴力対策部として暴走しがちなエッジ・フィンランディ部長をサポートしている。

人物[編集]

容易に本心を語らず、堅物が行き過ぎて変人扱いされている性格。魔術士至上主義者で、反魔術士派の抵抗勢力を「無能力者」と蔑む。また、戦術騎士団の掲げる理想や理念にも一切共感を持っておらず、自らが組織を構成する一部品であることのみに意義を置いている。

戦闘員としてよりも教師職にいる時期が長かったのか説教癖があり、適当な相手を見つけると小言を言い始める。

妻であるスティングの母親が死んでからはデートクラブを通じて再婚相手を探している。

技能[編集]

実力はオーフェンエド・サンクタム隊長はもちろん、マシューやシスタにも敵わない。しかし、長年の経験に裏付けされた、地味だが堅実な戦法を得意とする。

黒魔術[編集]

魔王術[編集]

契約触媒は「意識を保ったまま肉体が昏睡する」。

関連人物[編集]

声優[編集]

登場作品[編集]

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3