個人用ツール

ヒクトリア・アードヴァンクル

提供: オーフェンペディア

移動: 案内, 検索
プロフィール
種族 人間種族 (男)
人種 貴族
出身地 メベレンスト市

ヒクトリア・アードヴァンクルは、キエサルヒマ大陸貴族

概要[編集]

王都の貴族で貴族共産会の盟員。革命支援組織リベレーターのリーダー格。貴族としては名門の家柄にありながら王立治安構想の解体を主導した人物の一人。既に老齢にあるが、足取りはしっかりしている。

原大陸を我が物にすべく莫大な資金を投じてガンズ・オブ・リベラルを建造し、クリーチャーの技術を手土産に、開拓公社ジェイコブズ・マクトーンと共に海を渡った。アキュミレイション・ポイントを制圧し、カーロッタ派と合流してラポワント市の市議会をも掌握するが、頭領であるカーロッタ・マウセンが最後まで姿を現さず、実際に出てきたのが末端の幹部のボンダイン・ベレルリであったため、当初の計画とずれが生じてきた事に焦りを感じ始める。

魔王オーフェンを資本家の手先と糾弾する一方で、壊滅災害への対抗策と魔王術のノウハウを得るために自分達の側へ懐柔しようと画策するが、神人信仰が根強いカーロッタ派が納得しなかったため、更なる焦りを募らせる。そのため、オーフェン引き渡しを求めての大統領府との交渉に失敗し、ガンズ・オブ・リベラルを浮上させて強攻策に出る。

しかし、船を陥落された上に配下のクリーチャーもケシオン(=スウェーデンボリー)も倒されて後がなくなったため服毒自殺を図るが、用意された毒が計算上より効果が遅れたためにやむなくオーフェンにリベレーター結成と原大陸乗っ取り計画の真の目的を明かして息を引き取った。

人物[編集]

アードヴァンクル家は貴族連盟の中にあって《十三使徒》の設立に関わるなど魔術士との協調路線に繋がりがあり、ヒクトリア自身も大陸魔術士同盟に広い人脈を持っていた。キエサルヒマ内戦において《牙の塔》との停戦交渉を実現させる事ができたのも彼の手腕と人脈による。

関連人物[編集]

声優[編集]

登場作品[編集]

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3