個人用ツール

コミクロン

提供: オーフェンペディア

移動: 案内, 検索
プロフィール
種族 人間種族 (男)
人種 黒魔術士
出身地 トトカンタ市[1]
誕生年 赤光帝25年
年齢 17歳 - プレ編
22歳 - はぐれ旅
血液型 B型[1]
身長 162cm[1][2]
体重 53kg[1][2]
声優 逢坂良太

コミクロンは、キエサルヒマ大陸黒魔術士。《牙の塔チャイルドマン教室出身。

概要[編集]

オーフェンの《牙の塔》時代のクラスメイトで先輩。月の紋章の剣の暴走により怪物化したアザリーの討伐部隊に編成され、チャイルドマンと共にトトカンタへの遠征に随行する。

しかし、アイーデン山中での戦闘において、アザリー(精神はチャイルドマンと入れ替わっていた)の魔術による攻撃が直撃し、あっけなく命を落としてしまう。その場面にはオーフェンも居合わせていたが、ハーティアからその事実を聞かされるまで、コミクロンが討伐隊に加わっていたことすら知らなかった[3]

後にアザリーはコミクロンの死について、彼がチャイルドマンの「死の願望」を代行したのではないかと述懐している。

来歴[編集]

トトカンタ市出身[4]。《牙の塔》ではオーフェンの1世代上の先輩にあたり、年齢が1つ上のコルゴンとは同期生である。

人物[編集]

れっきとした男性だが、学生時代は長く伸ばした髪を二本のお下げに結っており、常にローブの上から白衣を羽織っているという変わり者。教室内では同期のコルゴンと特に仲が良く、しばしば彼のことを「助手」と呼び、趣味である機械いじりの手伝いなどをさせていた。一方で、オーフェンとはよくわからないライバル関係にあり、「人造人間」と称するガラクタシリーズを発明してはオーフェンに叩き壊されるという流れが恒例となっていた。

また、レティシャに対して密かに想いを寄せていた節があった。

技能[編集]

チャイルドマンから医療技術(治癒魔術)を受け継ぐ。人体の機能と構造を熟知し、オーフェンレティシャ曰く、彼らでは癒し切れないような重篤な怪我でも、コミクロンであれば癒すことが可能だったという。

普段の言動通りの見紛う事無き変人の類であることは間違いないが、チャイルドマン教室に席を並べる魔術士として、魔術の技量は相応に優秀だったであろうことは伺える。しかし、同期生にコルゴンがいたため、成績は永遠の次席止まりであったという(オーフェンとハーティアの関係に似ている)。

また、自身を科学者と称し、機械品の発明に関して並ならぬ自信と情熱を持っているが、そのセンスは皆無である。

黒魔術[編集]

備考[編集]

関連人物[編集]

声優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d エンサイクロペディア魔術士オーフェン
  2. ^ a b データは17歳時のもの
  3. ^ 2016年版のコミカライズでは、作戦前に二人が顔を合わせるシーンが追加された
  4. ^ エンサイクロペディア魔術士オーフェン』にて明かされた。ただし原作本文中にはそのような言及は無いため、誤記の可能性もある。

登場作品[編集]

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3