個人用ツール

アイリス・リン

提供: オーフェンペディア

怪人ゼッドから転送)
移動: 案内, 検索
プロフィール
種族 人間種族 (女)
人種 黒魔術士
ヴァンパイア
出身地 キエサルヒマ大陸
声優 南央美

アイリス・リンは、キエサルヒマ大陸黒魔術士ヴァンパイア。トトカンタのギャング団「リン家」のボス。別名「ブラディ・バース・リン」(BB)、「怪人ゼッド」。

概要[編集]

マジクの母。普段は人里離れた山奥に隠れ住み、通りすがる魔術士を気まぐれにいたぶっては愉しむのが趣味という謎の主婦。化け物じみた超人的な身体能力を持ち、地形を利用したトラップワークを好む。

経歴[編集]

かつては伝説的な女盗賊として名を馳せ、さらにトトカンタ市を裏から牛耳り、「暗黒街の女王」などと呼ばれていた。ティシティニーとはその頃からの知り合いで、トトカンタの利権を巡って鎬を削る間柄だった。しかしある時、同業だったバグアップと突然駆け落ちし、後にマジクを産んで一児の母となると、夫共々盗賊稼業からは足を洗った。

赤光帝30年代中頃、現代に送り込まれたチャイルドマンを匿ってもらうため、ティシティニーに雇われる。しかし、折しもこの頃はアイリスの支配に反抗するトトカンタの諸勢力が暗躍し、貴族連盟の裏からの介入もあって混沌とした状態にあった。チャイルドマンはエバーラスティン家側の切り札と目され、ティシティニーに相談を受ける前から暗殺依頼を受けていた。後に大陸最強の暗殺技能者と謳われるチャイルドマンを、アイリスは悠々と迎え撃ち、いとも容易くねじ伏せた。元より勝ち目が無いことを悟っていたチャイルドマンは、アイリスの夫と息子を盾に取ることで辛くも痛み分けに持ち込んだという。その後、両者は和解し、チャイルドマンが《塔》の教師に就任した折には手製のティーカップを贈っている。

赤光帝42年頃、タフレム南方の山中にある天人種族の遺跡に居座る。《牙の塔》から派遣された遺跡調査部隊を四度に渡って妨害、撃退し、「怪人ゼッド」と命名される。五度目の派遣で訪れたキリランシェロアザリーを軽くいなし、さらにマリア・フウォン教師をも手玉に取った。なお、この遺跡の調査難度は最高ランクに格上げされた。

その後、アイリスは突如《牙の塔》に姿を現し、チャイルドマン教師に対し宣戦布告。《塔》の誇るチャイルドマン教室のフルメンバーを相手に悪魔の如き立ち回りでやりたい放題に暴れ回るが、最後はチャイルドマン教室の連携作戦の前に敗北する。その後牢に投獄されたが、あっさり脱獄した。

赤光帝48年頃、長らくの隠遁生活に区切りをつけ、山を降りて実家のトトカンタに戻った。トトカンタ防衛戦では昔の仲間とともに騎士軍相手に応戦するが、拠点であった宿屋は裏路地街もろとも焼失してしまう。

新シリーズにおける詳しい消息は不明だが、今でも存命なのは確かであり、裏で街の動向には目を光らせている。

ブラディ・バース[編集]

ブラディ・バース」は、アイリスが女王としてトトカンタに君臨していた時代の呼び名だが、アイリスが受け継いでいると見られるヴァンパイアの血統としての側面も表している。

アイリスの運動能力は人間が最終的に到達できる限界を遥かに凌駕しており、これは人間種族の巨人化(ヴァンパイア症とも呼ばれる)の顕著な兆候であると推測されている。巨人化は神人種族との邂逅によってもたらされる突然変異現象の一端だが、アイリスの場合は身体能力の強化程度に留まる軽度なもので、チャイルドマンは彼女が200年前に封印されたケシオン・ヴァンパイアの末裔としてその力を発揮している可能性を指摘した。もしアイリスが血統によってヴァンパイアの力を発症させていると仮定すれば、その血縁であるマジクにもそれが遺伝している可能性がある。なお、新シリーズではマジクが「ブラディ・バース」の名を受け継いでいる。

技能[編集]

人間の枠組みを飛び越えた超常的な戦闘能力は、暗殺技能者として極まっていたチャイルドマンコルゴンを真っ向から圧倒し、これは前述の通りヴァンパイアの力である可能性がある。その持ち前の運動性能に重力制御の魔術を組み合わせ、空間を最大限に利用した三次元的な戦法を得意とする。

黒魔術[編集]

重力制御黒魔術を好んで使う。特に決まった呪文は用いていないようで、その時の状況や気分による模様。

人物[編集]

  • バグアップとは離婚しているわけではなく、都合上別居しているだけ。宿屋は本来アイリスの所有物なのだが、昔の仲間ともめていて『はぐれ旅』本編中はトトカンタに戻り辛い状態にあったらしい[1]
  • 陶芸に凝っていた時期があり、敵味方を問わず、自分に関わったことのある人物全てに(完全に気配を消して)ティーカップを送っていた。チャイルドマンが使っていたティーカップにも「B.B.」の署名が刻印されている[2]
  • 叩きのめした相手を縛り上げて天井から吊すのが好きらしい。
  • 生肉のサラダが好きで、山奥で大猿を飼育している[3]
  • マジクの誕生日には家に帰ってきて、手作りケーキを作ってくれる。

関連人物[編集]

声優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これで終わりと思うなよ!(前編)
  2. ^ リボンと赤いハイヒール
  3. ^ 我が夢に沈め楽園(下)

登場作品[編集]

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3