個人用ツール

魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端

提供: オーフェンペディア

移動: 案内, 検索
魔術士オーフェンはぐれ旅
キエサルヒマの終端
TOブックス単行本
著者 秋田禎信
イラスト 草河遊也[1]
発売日 2011年9月24日
発行日 2011年9月30日
価格 1500円+税
頁数 246ページ / B6判
ISBN 978-4-904376-69-0
発行 TOブックス
電子書籍版
配信日 2014年12月19日
価格 950円+税
TO文庫
発売日 2017年9月1日
価格 650円+税

魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端』(まじゅつしオーフェンはぐれたび キエサルヒマのしゅうたん)は、2011年9月24日に発売されたTOブックス単行本魔術士オーフェンはぐれ旅』新シリーズ第1巻。2017年9月1日にTO文庫より文庫版が発売される予定。

副題は「Season2:The Sequel」(第二部:続編)

収録作品[編集]

2009年12月に発売された『秋田禎信BOX』が初出の『キエサルヒマの終端』の再録である[2]

単行本化にあたり、描き下ろしのカバーイラストと挿絵が追加されたほか、あとがきの書き下ろし(差し替え)と、一部加筆修正が行われている。また『秋田禎信BOX』版のカバーイラストおよびピンナップイラストも口絵として再収録されている。文庫化の際も、再びカバーイラストが描き下ろされ、あとがきも書き下ろしである。

目次[編集]

  • プロローグ
  • 第一章 季節が過ぎて
  • 第二章 旅に出るとき
  • 第三章 咎の隔たり
  • 第四章 凄涼の旅
  • 第五章 別離の日々
  • エピローグ
  • あとがき

初出[編集]

あらすじ[編集]

キエサルヒマ結界の消滅から1年、キエサルヒマ大陸を治めていた貴族連盟王立治安構想は完全に瓦解し、大陸を覆う混乱は悪化の一途を辿っていた。二大勢力となった貴族連盟と大陸魔術士同盟の対立が激しさを増す一方で、元々王都からの独立性が高かったトトカンタアーバンラマも来たる戦争に備えて独自に軍備を拡充し、人間の争いは泥沼へと突入していた。

そんな中、この騒乱の全責任を負わされ重罪人として指名手配された「魔王」オーフェンは、アーバンラマの資本家とキムラック難民の仲立ちとなり、キエサルヒマ大陸を「脱出」する計画を推し進めていた。そしてレティシャの下で1年間の準備を終えたクリーオウも、オーフェンを追うため一人荒野へと足を踏み出すのだった。

主な登場人物[編集]

キーワード[編集]

CDドラマ版[編集]

新シリーズ第5巻『魔術士オーフェンはぐれ旅 魔術学校攻防』初回限定版(2012年9月15日発売)の特典としてCDドラマ化された。

詳細は「魔術士オーフェンはぐれ旅 魔術学校攻防#ドラマCD」を参照

脚注[編集]

  1. ^ 秋田禎信BOX』収録版はイラストなし。単行本版では表紙絵、挿絵が追加
  2. ^ 『キエサルヒマの終端』は、2008年9月から2009年4月まで著者のウェブサイト上で不定期連載された『あいつがそいつでこいつがそれで』の改訂版で、連載時には伏せられていた人物名表記の差し戻しと、一部加筆修正が行われたものである

宣伝文[編集]

前後巻[編集]

魔術士オーフェンはぐれ旅 (新シリーズ)
←前巻 タイトル 次巻→
- キエサルヒマの終端 約束の地で

Powered by Mediawiki Version: 1.23.3

Mozilla Cavendish Theme based on Cavendish style by Gabriel Wicke modified by DaSch for the Web Community Wiki

github ProjectpageReport Bug – Skin-Version: 2.3.3